BREEDING

BREEDING

「愛犬の赤ちゃんが欲しい」というのは、オーナーさまであれば1度は思う事でしょう。ですが、ワンちゃんの出産というのは簡単な事ではありません。

当然ながら母体に負担をかける事になりますし、出産前・出産後には今まで以上に愛犬たちへの時間を費やす事となります。出産後の飼育について真剣に考えてみましょう。

しかしながら愛犬の出産に立ち会うという事は、人間が生きていてもそう経験する事ではありません。新しい生命の誕生にはこの上ない感動がありますし、愛犬へのより深い愛情や責任感が芽生えてきます。

そういった点をオーナーさま、そしてご家族でしっかりと話し合い、心を1つに決めてから交配をご希望下さい。軽い気持ちで出産させる事は絶対に避けて下さい。

ワンちゃんは年に約2回の生理(6ヶ月~8ヶ月間隔)を迎えます。初潮での出産は母体への負担が大きいので、2回目以降に出産が可能となります。年齢を重ねるにつれて陰部が硬化し、交配が困難になります。

出産を考えるならば、2歳までに1度は経験される事をオススメします。その先、個人差はありますが7歳ぐらいまでの出産が可能です。

交配時期は出血が始まった日から10日後〜14日後がヒート日となります。目安としては分泌液が赤(1日〜10日)から、ピンク(11日〜14日)になり、局部付近に触れると尾を上げて左右に動かし、男の子の行動を受け入れるような姿勢をします。

それ以外(受入れ態勢でない場合)は触れても 尾で局部を隠してしまいます。交配から出産までの日数は約63日ぐらいとなります。

オーナーさまは上記の内容をしっかりお読みの上、当ショップにご来店下さい。スタッフと打ち合わせをし、オーナー様のご希望に合わせた交配犬をご紹介いたします。

ワンちゃんの生理が来た1日目を確認していただき、ご来店をお願いいたします。お電話でも確認は出来ますが、ご来店いただいた方がより確実性がアップします。

さらに適切なヒート日を確認したい場合は、かかりつけの動物病院でスメア検査をお受け下さい。その後、交配日を決定いたします。

当日はワンちゃんをお預りして交配を行います。1日空けて2回の交配を行いますので、基本的には2泊3日のお泊りになります。ご自宅がお近くであれば、その都度ご来店いただいても構いません。

2回目の交配が終了しましたら、交配証明書・交配写真を発行致します。交配30日目以降、かかりつけの動物病院でエコー検査をしていただくと妊娠の有無が確認出来ます。

交配をお断りする事項

  • 混合ワクチン・狂犬病ワクチンなどの予防接種を行なっていない場合
  • フィラリア・ノミ駆除を行なっていない場合
  • 病気では?と判断した場合
  • 皮膚病らしい状態と判断した場合

※上記以外でも当店の規定以外と判断した場合は、交配をお断りする事がありますのでご了承下さい。

BELL-PET SERVICES

TRIMMING

骨格や被毛の柔らかさ・生え方、目や耳の位置、胴や足の長さは1頭1頭違う形を持っています。全てのワンち…

GROOMING

グルーミングは、人が触れる事によって耳・爪・皮フの状態、病気の早期発見に繋がる事もありますので、美容…

MICRO BUBBLE

マイクロバブルは一言でいうと「微細な泡」で、基本的に50ミクロン以下の泡の事を指します。通常の泡は水…

HERB PACK

5000年以上の歴史を持ち、古代から現代までインドで受け継がれている伝承医学の「アーユルヴェーダ」は…

CARE

ワンちゃんの健康状態を知る上で、日々のケアは欠かせないものとなります。爪切り、耳そうじ、肛門腺しぼり…

HOTEL

ホテル&一時預かりをご利用のお客様へのご注意 初めてホテルご利用の際に、ホームスティ・ホテルご利用規…

PUPPY

パピーをご紹介する上で最もこだわっている点は「ブリーダーの質」にあります。質を重視するということは・…

BREEDING

「愛犬の赤ちゃんが欲しい」というのは、オーナーさまであれば1度は思う事でしょう。ですが、ワンちゃんの…

FAQ

当ショップにオーナーさまからいただくお問い合わせをまとめています。こちらをご覧になっても解決さればい…

UnderConstruction
準備中